情報商材の販売の集客はどの媒体でするべきなのか

NO IMAGE

「情報商材の販売のための集客をやりたいけれど、どの媒体でやればいいのか分からない」という方もいると思います。
そこで、今回は情報商材の販売のための集客のおすすめ媒体について、解説していきます。

まず、それぞれに一長一短がありますので、注意してくださいね。

まず、最もおすすめなのが「YouTube」です。
皆さんは、「文字情報」と「動画情報」だとどちらの方がより深く、人に印象づけることができると思いますか?
当然、「動画」ですよね。

情報商材の販売をする際には、相手との信頼関係が必要不可欠です。
相手に強く信頼される必要があるわけですね。

そこで、YouTubeを活用すれば、それが比較的容易にできます。
また、YouTubeは今「旬」です。
今は「動画の時代」とも言われており、再生数を伸ばすのが容易になっています。

ですが、YouTubeにも欠点があります。
仮面をつける方法もありますが、基本的には「顔出し必須」であるということです。
顔出しは流石にちょっと…という人は多いですよね。
また、動画編集スキル等も必要になります。

他にも、「ブログ」は定番ながらおすすめできるものです。
先程、YouTubeを取り上げましたが、YouTubeの上がりやすさに比べると、ブログは少し上位になるのは難しい側面があります。

ですが、ブログにも魅力はあります。それは「手軽さ」です。
顔出しが必要なく、基本的に誰でもできるのが魅力です。
また、文章力が高い人は、ブログだけでも十分人を惹きつけることができます。

「ブログは上位になるのが難しい」と言いましたが、必ずしも情報商材の販売では、SEO上位に食い込む必要はありません。
アクセス数がすくなかったとしても、情報商材は一つあたりの単価が高いので、あまり問題はないのです。

他にも、SNSがあります。
TwitterやFacebookなどを使った集客方法ですね。
ですが、正直これはあまりおすすめしません。
というのは、上記の二つの方法に比べると、難易度が非常に高いです。
とはいえ、こちらも「フォロー」という制度があり、ファンを固定化しやすいこと。
そしてブログ同様に手軽さがあることがメリットとして挙げられます。

ただ、いずれの方法を用いるにしても、大切なのは「メルマガに誘導する」ということです。
いきなり商材を販売しても、ほとんどの人は買ってくれません。

また、メルマガに誘導するので、仮に顔出しをしなかったとしても、信頼関係を構築することは可能です。

今回は、情報商材の販売の集客はどの媒体でするべきなのかを解説しました。
参考になれば幸いです。