ライブチャットに30代以上の女性は需要があるのか

NO IMAGE

近年、スマホを使って簡単に副業ができると人気の仕事がチャットレディーです。ライブチャットによって18歳以上、20歳以上、などと年齢制限はありますが、女性ならば会員登録をするだけで誰でもすぐに始められ、仕事をしている人や子育てで忙しい人でもできる仕事です。

しかし、30代や40代になると、「こんな年齢なのに男性に需要があるのかしら」などと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。ここでは、30代や40代の女性、あるいはそれ以上の女性が男性に人気の理由を紹介します。

まず、年配の男性からはそれなりに年齢のいった女性が好まれます。例えば、アダルトな場面では20代女性など、若い女性の方がよく見えるでしょう。しかし、女性と話をしたい男性にとって、20代の女性では物足りないこともあります。20代の女性ではまだまだそこまで社会経験を積んでいるわけでもなく、自分の話を理解してもらえないと思うことがあるのです。そのため、特に自分の話を聞いてもらいたい、理解してもらいたい、と思っている男性にはある程度人生経験を積んだ女性が好まれます。

疑似恋愛も楽しむにしても、20代女性では親子ほどの年齢差がある男性の場合、やはりある程度の年齢の女性を好むことがあります。確かに、40代の男性になると20代女性では親子のような感覚になってしまい、20代女性は好まれません。疑似恋愛を楽しむなら、実際に恋愛できそうな年齢差の女性、あるいはその男性の年齢と恋愛できそうな良識のある女性が求められます。そのため、どうしても20代女性は敬遠されてしまうことがあります。

さらに、どの時代でも「人妻」はアダルトなカテゴリーとして使われます。人妻や熟女のカテゴリーを好む人もおり、男性の中には年上の年齢を好む人もいますので、やはり人妻や熟女にあたる年齢の女性が好まれることがあるのです。20代男性でも年上の女性を好むことがあり、だからこそ、30代以上の女性はライブチャットで需要があるのです。

その一方で、「人妻がいいなら」と生活感を出しすぎてしまうと、男性から敬遠されてしまう可能性もゼロではありません。男性は女性と話をしたいと思っていますが、わざわざお金を出して女性の旦那さんの愚痴を聞きたいとは思っていないのです。また、あまりにも旦那さんの影がちらついてしまうと、アダルトな気持ちを持てなくなってしまう男性も珍しくありません。

もちろん、女性の話を聞きたいと思っている男性も多いですが、その一方で「旦那さんや彼氏の話を聞きたくない」と思っている男性もいますから、相手によってきちんと対応を分ける必要があります。