少ない金額で可能とする投資群について

NO IMAGE

副業で投資を行いビジネス化をしようとしている方においては、投資はどの位が最低ラインであるかということは気になる分野であると思います。ここではそうした投資の最低ラインについて解説をします。

まず少ない投資にこだわるのであれば、預金も実は金利が付くため少額で出来る投資です。預金の場合は、普通預金と定期預金があり定期預金にすればお金を一定期間移動または使用しないことを条件に普通預金よりも多めの利子を得ることが出来ます。ただこれらの投資法は口コミでも記載されていますが得られる利益は少なくあくまで自己資産を銀行が増やしてくれるかもしれないということにしか過ぎません。

ではどういったものが少ない金額で投資をすることがほかにもできるかですが、投資信託であれば100円から投資をすることが出来ますし、FXの場合は1000円単位の通貨からトレードを可能としていますので自己の貨幣と他国の貨幣が1000円相当になるようにすればトレードをすることが出来ます。

他にも仮想通貨と言う手段もありこちらも同様100円や10円程度の出資で貨幣を得られるという点が利点ですが、問題は仮想通貨は詐欺が多いことです。仮想通貨の詐欺は、多くは実績を得たい企業が新しく貨幣を造り上げ出資を募るだけ募り逃亡をしたりすることもある為詐欺になることも多いです。しかも返金制度と言う物もありませんので騙された側は訴え出ても自己責任になり保証を受けることが出来ないのです。

ただ、国内の仮想通貨取引所ではそうした怪しい仮想通貨の販売を担っていないので国内での仮想通貨取引ではそうした詐欺の被害はないと言えます。しかし、国内での仮想通貨の問題点は価格が上昇している仮想通貨群を購入しないとならない点でリスクがかなり高いことです。特にビットコインなどは登場当時は価格は安かったのですが、現在においてはとても副業で投資を行おうとしているものが簡単に手を出してよい価格帯ではないです。

これらをまとめると、一番安く副業として成り立つのは投資信託に資金を提供し利益を得ることが安全な手段であると結論付けます。他にも株と言う物がありますが、こちらは投資すべく企業をきちんと把握したうえで出資をすべきかどうかを判断しないといけない為アドバイザーの存在が生きるかどうかということもある為お勧めの副業からは外させて頂きました。

また、金を購入して取引する希少金属の取引については、価格帯が安くないということで紹介は省きましたので希少金属取引におけるビジネス化は初心者の方向けではないという方向でまとめました。